藤岡市・上里町・高崎市新町で実績多数!!整体/骨盤矯正なら「コーラル接骨院」

痛みの種類

そもそも痛みとは・・・

痛みとは外傷や慢性的なダメージから患部に「故障」があることを脳へ伝える信号になります。痛みそのものが悪いわけではないのですが、痛みは存在感が大きく無視できない存在です。コーラル接骨院では痛みを幾つかのカテゴリーにわけて施術の方法を変えています。

 

炎症性の痛み

外部からのダメージの入力で打撲や捻挫を受傷した結果の痛みが炎症性の痛みになります。皮膚の外側からは「何も変化無し」「皮下出血が見られる」「赤く腫れている」という風な感じに見えます。腫れや皮下出血なら分かりやすいのですが、ぎっくり腰やムチウチ等の場合は外部からの力の入力はありますが、直接皮膚を通してのダメージではなく内部崩壊に近い怪我になりますので見た目の変化が出ない事もあります。

そもそも炎症性の痛みを「急性疼痛」と呼び、損傷箇所に痛みを引き起こす物質が出てきて痛みが現われます。この際の痛みは「ここが壊れてますよ~」と脳に信号を送る役割をしています。信号が大きいと痛みも大きくなりますが、損傷箇所を修復する成分も多く運ばれてきます。損傷箇所の修復が終われば痛みは治まります。

 

慢性の痛み

外傷もしくはそれに伴うダメージが回復し原因が治癒したにもかかわらず痛みが続く状態。と考えるのが一般的には常識と言えますが、はらして本当に治癒しているかは疑わしいものがあります。実際にコーラル接骨院に来院される患者様は検査をしてみると何かしらの原因が見られます。それらの原因が無くなってはじめて治癒になるとコーラル接骨院では考えております。

そもそも慢性痛には2種類あり回復と損傷を繰り返して起こる慢性炎症と、血行不良で起こる痛みになります。血行不良で起こる痛みの代表例が肩コリと頭痛です。肩コリは姿勢不良が招く痛みで、頚部が前方に傾き血流が悪化し起こります。頭痛に関して言えば色々なタイプの頭痛がありますが某学校で教鞭をとられていたG医師によると全ての頭痛は静脈の流れが低下し脳内圧が上がることにより発生すると言われています。

 

神経痛

文字通り神経から発する痛み。代表的な痛みは坐骨神経痛、肋間神経痛など。坐骨神経痛の場合は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等に付随する症状で、何らかの原因で神経に何かが触れる、もしくは挟み込んで痛みがでる症状。肋間神経痛は肋骨骨折の後遺症に多く見られる症状です。骨折した箇所は表面が滑らかだはないので、骨の表面を通る神経が急激な冷気等により冷やされて血流不足で疼痛が発生する。

 

 

なぜ痛みが出るのか?

凄くシンプルな考えなのですが、「正常な状態」ではないから痛みが出るということです。何のことやらと思いますが、医学には医学的に正常な状態が存在します。それを「解剖学的立位肢位」と呼びます。前額面、矢状面と呼び矢状面前額面この状態から逸脱した状態が痛みが出る状態となります。骨折や脱臼を例にして解説すると骨折の場合折れた部位がずれていると激しいいたみが出ますが、骨折箇所を整復して固定すると徐々に痛みが落ちついてきます。脱臼に関しても外れている関節を元の位置に戻し固定すると痛みは半減します。捻挫も同じ原理で、捻った方向に更に捻りを加えると痛みが増大しますが、痛めた関節を痛めた方向と逆に動かすと痛みは出ないように出来ています。切り傷もそうです。傷口を開けば痛みが出ますが、傷を塞ぐと痛みはでません。

 

 

怪我してないのに痛みが出る理由は?

慢性的な肩こりや腰痛、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等の症状も患部が「正常な位置」ではないので痛みが出ます。幾つかの症例を挙げていきます。

肩コリ・頭痛

肩こりや頭痛は原因同じで「猫背」が原因になります。なぜ「猫背」が肩こりを引き起こすかというと、肩関節に対して頭部前方へ移動し首や肩に負担がかかり血流が悪化した結果の痛みです。そもそも頭部が前方へ・・・というだけで正常な位置から逸脱していることがわかります。ただこの姿勢を直さない限り痛みはくすぶっている状態になります。マッサージやストレッチを行い痛みが無くなったとしてもそれは一時的なもので、原因を取り除かない限り必ず近いうちに再発します。

肩こりの対処法は猫背を改善する他に寝具の交換、枕のチェック、ストレッチに運動、施術が必要になります。どれか一つ足りなくても治療効果は減ります。特に運動不足は姿勢を保つための筋力が育たない為やるしかないというのが現状です。ただ、運動をやり続けるのは主観性が必要になるため、できる限り毎日行うと良いかと思います。後述する体操をメインに行うと良いかと思いますが、運動が苦手な方は簡単な体操からステップアップ方式で少しずつハードなものもこなせるようになればよいかと思います。

 

頭痛に関して言えば、前述した血流の流れが低下した状態で起こる症状です。だはなぜ血流が低下するかと言えば「猫背」が原因で首周辺や肩周辺の静脈の流れが悪くなり、頭蓋骨内で静脈が若干膨張します。そうなると脳内圧が上がり頭痛が発生します。(注:頭痛には他にもタイプがありますのでコーラル接骨院の頭痛のページを合わせて見てください)

 

腰痛

慢性腰痛

慢性腰痛の場合原因となるのが「ストレートローバック」、分かりやすく説明すると腰の湾曲が失われた状態をを意味します。原因として考えられるのは生活環境が身体に合わない、仕事中の姿勢が悪い、ドライビングポジションが悪い、運動不足等があります。この場合も腰椎が正常な位置にいないため筋肉が引っ張られ続け血流が悪化し疼痛に変わります。放置期間が長ければ長いほど重く纏わり付く様な痛みが発生します。ここまでなる前の段階でぎっくり腰を数回繰り返していると更に重症度の高い症状へ移行することもあります。

 

椎間板ヘルニア

慢性腰痛が悪化して椎間板の血流が悪化し繊維組織が劣化した為椎間板内にいる髄核が漏れ出し脊髄神経に触れて起こるものと、椎間板の厚みが薄くなり椎骨同士の隙間が狭くなり露出している神経を挟み込んで痛みが発生する症状になります。慢性腰痛からの発展したものが椎間板ヘルニアになります。痛みが通常の鈍痛に加えて神経的な痛みまで発生してしまいます。椎間板ヘルニアの場合は長期間腰痛の原因となる症状を放置した結果の症状ですので、治療にもそれなりの期間を要します。

神経のダメージは痛みの中でも痛み違和感がなくなるまでに最も時間がかかります。ちょうどヘルニアの記事を書いているのでヘルニアを例として挙げると、椎間板ヘルニアの場合椎骨同士の隙間が狭くなり神経が挟まれ傷が入るケースもあります。もちろん通常のヘルニアでも髄核が脊髄神経を挟み込む為神経に傷がつくケースもあります。問題は神経をどうやって正常に戻すかに掛かってきますが、飛び級で良くなることは絶対にありません。重要なのでもう一度繰り返しますが飛び級でシビレや痛みが取れることは絶対にありえません。もし広告や看板に「一回で」「ゴッドハンド」とか書いてある場合は私は行きません。ヘルニアの回復には段階があり、まずは椎間板の血流回復が必要となります。椎間板の血流が回復しないと椎間板の厚みが元に戻らない為です。その後脊椎の柔軟性が元に戻ってくれば神経を挟み込むものが無くなりますので、あとはビタミン療法と温熱療法を繰り返し行い末梢神経の修復に努めれば回復は見られます。

 

脊柱管狭窄症

全ての腰痛の発展型です。そもそもこの症状に行き着く前に必ず必要なことがすべてそろっているはずです。

1:運動不足

2:関節レベルでの栄養失調

3:生活環境が悪い

4:痛みを誤魔化して生きてきた

5:腰痛ベルトを常日頃から使用している

一番の問題点は4の痛みを誤魔化して生きてきたです。これはどういう事かと言えば、痛み止めやブッロック注射等で痛みを止めてしまっていることです。一般的に考えると痛みが止まれば「治った」と思うのは当然のことですが、この場合は薬の力によって痛みの信号を遮断しているだけであって大元となる症状が改善されているかと言えば、改善しているわけでもなくただただ誤魔化しているだけになります。この状態がながくつながく続けば身体の歪み、筋肉の硬さは進行するばかりで「治癒」からは遠ざかるばかりになります。

腰痛ベルトはベルトの力で筋肉を固定し状態を安定させる効果があります。着用していて非常に楽で助かるのですが・・・実はこれが腰痛を引き起こしている元になりかねないのも現実として受け止めて頂きたいと思います。腰痛ベルトの長期の着用は腰回りの筋力が低下し本来必要なはずの力を発揮できなくなります。この状態が続くと腰痛が自然発生する状態に突入します。お年寄りが腰痛ベルトを2重3重に巻いているのを見たことがありますが、若い時からの「ベルト中毒」が原因と思われます。腰痛ベルトの正しい使用方法は「これを持ち上げたらやばいかな~?」と思えるほどの重量物を持ち上げるときや、ぎっくり腰などの緊急性を要する腰痛になってしまった時などは遠慮せずに着用することは激しく推奨します。

生活環境の悪さについて色々な症例のページでも書いてあると思いますが、非常に重要なところです。人間は順応する動物です。生活環境が悪くてもなぜか順応する力を持ってしまっています。これは非常に危険ですよね!自分は大丈夫と思っていても、実際のところ身体には拒否反応が表れている。気づかないのは本人だけということは多々あります。

コーラル接骨院では根本的な改善を目的とした施術をご提供しています。簡単な運動や安上がりでできる生活環境の改善等のご提案をさせていただいていますが、なかなかできない患者様もいらっしゃるのが現状です。その場合はお身体の状態が安定期に入るまで時間を必要とする場合もございますが、スタッフ同士で情報を共有し患者様が色々な事を改善しやすいようにバックアップさせていただいております。

藤岡市・上里町で整体/骨盤矯正なら【口コミ1位】コーラル接骨院 PAGETOP